48歳でまさか解雇されるなんて思いもよりませんでした、
でも会社が廃業してしまったので仕方ありません。

小さな町工場だったのですが、
特許技術を持っていたのでなんとかこれまで持ちこたえてきました。

しかしその技術も使う先がなければ宝の持ち腐れです、
社長も泣く泣く会社をたたんだので自分も納得しました。

それから2年、社長のつてを頼って九州から上京してみました。
仕事を覚えるのもそうですが、新天地で周りには知り合いがいない生活は
当初とても辛かったです。

そんな私が一番辞めてしまおうと思ったのが、
入社して一月目に仕事を失敗したことで上司と先輩からこっぴどく怒られたときです。

当時物流の倉庫管理として働いていたのですが、
先輩から頼まれた倉庫内の温度を下げるのを忘れてしまったのです。

幸い先輩がすぐに気が付いて大ごとにはなりませんでしたが、
一部の荷物がダメになってしまったことで会社に損害を出してしまいました。

仕事も覚えたての時に起こしてしまった初歩的なミスでしたが、
私にとっては自分の仕出かしたミスがショックで怒られたこともそうですが、
相当落ち込みました。

仕事から戻ると寮で塞ぎこんでしまい、
翌日会社を辞めようと考えました。

翌日、会社に辞めるつもりで出勤すると怒られた上司や先輩は一転して、
笑顔で接してくれました。

ミスを叱責されるのは当日の一度だけで気をつけろと
優しく言葉をかけてくれたことで私の辞めたいという気持ちはなくなりました。

仕事探し参考サイト: 50代でもできる仕事

関連記事


    をしているけど、 勤務時間や給料などの面から仕事を辞めて、 他を探したい・・・。 しかしシングルマザーである自分を、 採用してくれる企業が本当になるのか不安になりますよね。 自分が働かなければ生活が出…