一般的な初心者用の外為取引の教科書では、「損失が生じた時にはナンピンをすることによって平均のコストを下げることができる」とアドバイスしているが現実的にはここには目に見えない罠が隠れています。アイムピンチ 口コミ

まず、ナンピンの原理に関して簡単に説明します。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 解約

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ルフィーナ 口コミ

ドル買いのためドル高になればなるほど利益が大きくなりますが、不幸にして95円まで円高ドル安が進んでしまった。外壁塗装 作業手順 期間

この状態でポジションを保持し続けたら損失が戻るためにはマイナス分円安が進まなければならない。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 痩せない

皆さん、損は早急に0にしたいと願います。コンブチャ 太りにくい

そのため最初に注文したのと同じ量のドルを95円で取引します。こうじ酵素 ダイエット

これで、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで下げることができますこれで、2.50円の幅で円安ドル高に進めば損失を回復する事ができます。ロスミンローヤル キミエホワイト 比較

この流れがナンピン買いの方法です。すっきりフルーツ青汁 成分

このように、ナンピンの理論を理解すると「確かに」と考えるが為替は容易には問屋を卸しません。紅茶キノコ 味

初めから、95円が底だということなど予想できません。

もしも、為替相場がかなり強いドル安基調だったら95円ではとまらず、より一層円高にいくリスクが高くなります。

一例として、97.50円でナンピン買いをした場合に95円まで円高になったとしたら、ナンピンを入れた分についても為替差損が生まれることになってしまいます。

こういう状態では初めに売買したドルと同時にダブルで損失が生じます。

この通り、ナンピンは一筋縄でいきません。

では、マーケットが筋書きとは反対の方向にどんどん行ってしまった場合、どんな方法で危機の確率を管理すればいいのでしょうか。

こういう時には選ぶべき選択肢は2つあります。

ひとつは潔くあきらめて損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、今、自分自身が所持しているポジションを縮小することによって、再度マーケットが戻るのを動かないで待つことだけです。

ちょっと消極的な方法だと言う投資家もいるでしょう。

だけど、自分のポジションにマイナスが出た時、最も妥当な対策はそれ以外にはないです。

理論としてはナンピンする手法も有効です。

しかしながらナンピン買いは自分が損をしている状態にもかかわらず、買いポジションを無くすどころかそれとは逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。

この手法では、危機を制御することなどとてもやりようがないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができれば最終的には利益を上げられるかもしれません。

けれども、それより先に資金はショートしてしまいます。

Copyright © 2012 www.mundialazemeis2003.com All Rights Reserved.