直接商品を買うのでないカードの手順は単純です。

クレジットにおいてストレートに支払えない販売品をダイレクトに支払うのではなく、商品券を経由して注文したらよりよいでしょう。

理屈が簡単な事により最初に金券の事例を使って述べてみようと思います。

モデルになる個人が素晴らしい財布を持ちたいと考えてじっとしています。

手に入れたいブランドカバンを取り扱っているショップでは買いたくてもクレジットカード使用で払う事が無理です。

ですがJCB、MasterCard、NICOSなどの券によってなら取引する事を承諾してくれるようです。

そこである女性はクレジットでギフトカードを注文出来る商品券を売っている店舗に向かいカードを活用してJCB、Diners clubなどの金券を購入します。

そして使用したクレジットカードを使って買い取ったMasterCard、NICOSなどの券を売店に携帯しておもむき、買いたかった一流のバックを注文したとします。

「一体なんで商品券で購入した人はそういった手の込んだ手法をしなければいけないの?」と疑問に思うかもしれませんが実をいうと先ほど示した技法を運用することで通常だったらもらえることのないクレジットカードポイントがもらえます。

通常通り、キャッシュを払う事で有名なコートを買い付けしたりした場合であってもキャッシングポイントはつきませんしVISA、Diners clubなどのギフト券を現金で注文して利用しても貯まりません。

けれどもこのケースの時であるならJCB、American Express、Diners clubなどの金券をカードで買い取りしたという理由により高価なアクセサリーを買った状態と同等の量のクレジットカードポイントがつくようになります。

こういう状態が間接的にキャッシングを使った状態になっているので直接的でないカードと言われる方法です。

  • Copyright © 2012 www.mundialazemeis2003.com All Rights Reserved.