看護師の仕事は過酷な事で知られています。
職場環境や給与、勤務形態などに不安を覚えて転職する人も少なくありません。
転職する際には次に務めるための勤務先を探す必要がありますが、そこで役に立つのがナースバンクです。
ここではナースバンクについてまとめました。

ナースバンクとは

ナースバンクは公共社団法人である日本看護協会が運営する看護師を専門にした職業紹介をしています。
特徴としては地方の求人に対して力を入れている事です。
地方で転職活動をしたい人はぜひ、検討しましょう。

ナースセンターを知ろう

日本看護士協会が運営しているナースセンターは主には3つの事業からなります。
各都道府県に1つずつ設けられて、それぞれの都道府県から委託を受けた看護協会により運営されています。
1つ目はナースバンク事業、2つ目は訪問看護支援事業、3つ目は看護の心普及事業です。
では具体的にそれぞれの役割を見ていきましょう。
まずナースバンク事業です。
これは看護師の人材確保を目的にして職業紹介をします。
看護師はどこに行っても必要とされるので、全国で需要があります。
さらに、求人の掲載料や人材紹介料を求人側である病院からもらっていない事も特徴です。
また看護士資格を持つ相談員に転職についての相談をする事ができます。
次に訪問看護支援事業です。
今の時代は訪問看護も重要なサービスです。
特にお年寄りが増加して、病院に入院したくても空いていない事から、その役割が大きくなっています。
そのために安価な授業料で研修をして、訪問看護に関しての知識やスキルを学ぶ事ができる体制を整える事により、訪問看護に対してたくさんの人材を供給するようにしているのです。
最後に看護の心事業です。
高齢化社会、核家族化が進行している中で大事になる看護の心は看護師だけが持っていればいい特殊なものとは違います。
そのような理由により国民に対して広くそのような心を教えるために、看護の心の普及に力を入れているのです。

ナースバンクをもっと詳しく

ナースバンクでは転職に関しての相談をする事ができます。
このようなサービスについては税金を利用して運営されている事から、看護資格を持つ人なら無料で利用する事が可能です。
特に転職活動が初めてという人は転職をどのように進めていけばいいのか分かりにくい事もあります。
長い歴史があるナースバンクですから信頼して相談できます。
またナースバンクは全国の都道府県に存在します。

オンラインサービス

ナースバンクが遠くにあり自宅から通うのが難しい時でも、インターネットを使えば、求人情報を閲覧する事ができます。
それがeナースセンターと呼ばれるシステムです。
このサービスを使い情報を集める方法もあります。
看護師専門のハローワークと言えるほどにたくさんの求人情報があります。
規模が大きいですから、自分の希望する求人も見つけやすいと言えるでしょう。

ナースバンクを利用する利点を知ろう

まずは秘密が守られる事です。
ナースバンクのカウンセラーは個人情報になる転職情報を漏らす事はありません。
その事から例えば今の職場の人に転職活動をしている事がバレる事はないです。
また、転職活動に有効になる研修もあります。
ここで転職に役立てる事を教えてくれます。
転職活動が初めての人には特に嬉しいサービスです。
また、eナースセンターを使う事で家にいながらも求人情報を見る事ができる便利さは大きな利点と言えるでしょう。

まとめ

看護師の仕事は大変な事で知られています。
肉体的にも重労働である事だけではなくて、女性が多い職場という事による人間関係の難しさもあります。
いろいろな悩みを持ち転職を考える人も珍しくない仕事ですが、その時にはナースバンクを利用してみましょう。
心が軽くなりますし、新しい職場を見つける事ができる可能性が高まります。

看護師求人についてこちらにも詳しく記載されているので
参考にしてください⇒楽に転職できる?ナース人材バンクについて紹介します!

関連記事

    None Found