秋に食べたい魚といえばさんまですが、塩焼き以外の調理法が浮かばず、我が家の食卓ではいつも塩焼きでしか登場しないので、こんなにもいろいろなレシピがあったんだ!と、とてもびっくりしました。
さんまの蒲焼き風丼は、1匹のさんまで2人分作れるというのがとても魅力的でした。
作り方も簡単で、丼だから洗い物も少なくとっても楽チンで、これはすぐに作ってみようと思いました。
圧力鍋を持っていないのでさんまの煮物は骨まで柔らかく出来ないし無理かな?と思っていましたが、圧力鍋がなくても柔らかく仕上げることが出来ると知って、驚きました。
しかも柔らかくするにはお酢を入れるだけ、という手軽さにもびっくり。
たったそれだけのことで、骨まで食べられるさんまの煮物が作れるのなら、栄養満点なので子供にも食べさせるためにも作ろうと思います。
しかし、やはりさんまを使うお料理は圧力鍋を使うものが多いということなので、さんま料理のレパートリーを増やすためにもこの機会に買ってみようかなと思います。
圧力鍋は何よりも時短になるという魅力があるのですが、何となく圧力鍋は使い方を間違えると蓋が飛んで爆発するのではないかという恐怖があったので、ずっと買えずにいました。
実際に使ってみれば怖いことはないそうなので、勇気を出して買ってみようかと思います。

↓オススメもチェックしてみて↓
さんま レシピ

関連記事

    None Found